語学留学とその先

語学留学とその先

 語学留学が可能である、という環境が整っていれば、ぜひものにしたいチャンスです。一般的に、中学・高校と6年間、更に大学で英語を勉強しても、使い物にならないという声が多いものです。英語の文法体系は日本語のそれと大いに違うので、むしろ難しいのが当然です。同じヨーロッパ系の言語であれば、文法体系が似ているうえに単語同士の類似性など、習得がはるかに容易です。ですからフランス人が英語をしゃべることと日本人が英語をしゃべることとは、同次元に語れない部分があります。

 

 しかしそれでも外国語、特に英語への要請は強いので、語学留学に挑戦するのは大いに有効です。もしある一定期間英語以外が全く通じない環境に身をおけば、日本の学校の教室や自宅で英語を勉強するよりはるかに早くものにできるでしょう。

 

 ただ問題は帰国後に外国語で何をするかなのです。外国語を勉強するのは目的ではなくてあくまで手段です。また語学留学中に現地でちやほやされても、社会人として英語を使おうとするのならハンデは一切認められず、厳しいリアリズムに晒されることになります。

 

 

 語学留学で基本的な運用量力を身に着けたら、後は専門的な運用能力を自分で鍛えなくてはなりません。ですから単に外国語が話せるのではなく、専門分野というものを持って、そこで働くなり研究するなりしないと最終的にはものにならないでしょう。帰国後の段階では「お友達とお話ができる」で良いかもしれませんが、社会に出て使う外国語が、文法的誤り・語彙力不足・ニュースが分からない、などでは誰もマトモに大人として相手をしてくれません。日本人だから、と甘く採点してくれる訳では無いのです。